• TOP
  • 職業特集
  • インテリアコーディネーターの仕事とは?

インテリアコーディネーターの仕事とは?

インテリアコーディネーターは、お部屋デザインのエキスパート

インテリアコーディネーターは、お部屋の中のコーディネートを行う存在で、インテリアを始め、照明や壁紙に至るまで、有りとあらゆるお部屋コーディネートを行っていきます。
インテリアそのものを選ぶことはもちろんですが、置き方1つでも部屋の印象は大きく変りますので、トータルバランスを見て、空間作りをする仕事と言えるでしょう。
ただ素敵なインテリアを選んで置いていくだけが仕事ではありませんので、お客さまの要望に合わせて、お部屋作りを行っていきます。

インテリアコーディネーターとして働く際には、一般的なご家庭はもちろんですが、企業などでも、依頼を受けることが多いでしょう。
モデルルームのコーディネートを依頼されることも有り、様々な空間演出をする、サポートを行っています。

正に、インテリアに関してのエキスパートと言える存在が、インテリアコーディネーターです。

インテリアをトータルコーディネートする存在です

インテリアコーディネーターは、インテリア本体を選ぶことはもちろんですが、今あるインテリアの配置を変えて、お部屋の雰囲気を変えることも、仕事の一つです。
クライアントによって依頼内容が異なりますので、クライアントの意向に合わせたお部屋作りをすることが、コーディネーターの務めと言えるでしょう。

例えば、家具をそのままに開放感を出したいというようであれば、インテリアの配置替えがもちろん、カーテンや壁紙の色を変えることも、検討しないといけません。
予算やクライアントの希望に合わせた提案をすることが出来るかどうかが、インテリアコーディネーターの力の見せどころと言えるでしょう。

様々な知識を問われる職業

インテリアコーディネーターは、家具の知識はもちろん、空間作りをするための配置に関する知識、カラーリングに関してのデザインなど、様々な知識が必要です。
知識の幅が狭いと、同じようなインテリアコーディネートしか行うことが出来ず、クライアントの希望に添えなくなるケースも出てきます。
フリーで働いている場合、そうなると次の仕事に繋がる可能性も少なくありませんので、とにかく日々、勉強を続けることが重要でしょう。

インテリアコーディネーターの中には、休日を利用して、モデルルーム巡りをしたり、家具ショップを巡っているという方も少なくありません。
家具の買い付けも仕事となることがありますので、こうした下調べが、後々の仕事に繋がる可能性も多いといえるでしょう。

インテリアに関しての知識以外にも、様々な知識が必要となる仕事ですので、常にアンテナを張り巡らせておくことが重要と言えます。