塾講師の仕事内容とは?

お子さんに勉強を教える塾講師

学校とは別に、お子さんが更なる勉強をすることが出来る場所と言えば、塾です。
進学塾を始め、塾にはありとあらゆるタイプの塾がありますが、そんな塾で生徒に勉強を教えるのが、塾講師と言われています。

塾講師はその名の通り、勉強を生徒に教えていく必要が在りますが、担当する科目は、塾によっても異なります。
例えば、数学のみを担当できる場合もあれば、全科目担当しなければいけない場合もありますので、キチンと確認をする必要があるでしょう。
急きょ他の塾講師の代わりに授業に出るということもあり、その場合、別の教科を教えざるを得ない時もありますので、事前勉強は欠かせません。

塾講師は、大学生がアルバイトで行っている場合もあれば、正社員で職業として働いている方も多いでしょう。
自分が働きたいような環境を見つけることで、快適な塾講師ライフを送っているという型も少なくありません。

塾の指導方針に合わせた勉強方法を取り入れる

塾講師として働く際には、塾の指導方針に従って、勉強を教える必要があるでしょう。
自己判断で勝手にどんどん進めて良い場合もあればそうではない場合も多いため、事前にどの程度進めていいのか、確認をすることが大切です。

塾の指導方針に合わせた指導を心がけることはもちろんですが、熟によっては、マンツーマン授業の場合もあれば、全体に対して授業をおこなう場合もあります。
こちらは塾によって方針が異なりますが、自分がどちらにむいているかは向き不向きがありますので、事前にタイプを選んでおくことが重要です。

塾講師を行う際には、生徒の学習意欲を盛り上げるためにも、ただ授業を受けさせるだけではなく、魅力的な、分かりやすい授業を心がけることが大切になります。
生徒に勉強をわかってもらってこその塾講師ですので、生徒の理解度に合わせて授業を進めるというのも、一つの方法と言えるでしょう。

事前に予習をしておく時間が必要です

塾講師は、大抵の場所で、事前にその日に教える範囲を予習して、準備を行う必要が在ります。
どのようにして授業を進めていくべきか、どんな内容で話をすすめていくのか、塾の方針に合わせて、授業プランをたてていく必要があります。

予習なく塾講師を行っているという方は本当に稀で、講師によっては、予習をすることが義務付けられている塾もありますので、何れも勉強をして臨むべきでしょう。
生徒から質問を受けた際に応えられないのでは、塾講師がいる意味がありません。

本物の塾講師として、しっかりと生徒に勉強を教えるためには、自分自身が講師として、しっかりと勉強をしたうえで、理解をしたうえで臨むようにしましょう。