WEBデザイナーの仕事の魅力とは?

WEBサイトのデザインを行う、Webデザイナー

インターネット上のサイトのデザイン、ホームページデザインなどを行う事を仕事にしているのが、Webデザイナーです。
お客さまの依頼に合わせて、依頼に沿ったデザインを作る事ができるように、様々な技術をマスターしているプロと言えるでしょう。

デザイン力はもちろんですが、ただオシャレなホームページを作るのが仕事ではなく、ホームページを見るユーザーのことを考えて、仕事を行っていきます。
ホームページデザインを依頼してくるお客さまは、始めて依頼をする方も多い為、その人の希望に合わせて、色々と相談をしながら、アドバイスを踏まえて作成する必要もあるでしょう。

Webデザイナーはホームページデザインを一人でやるということはあまりありません。
基本的にはチームで動き、誰が何を担当するのかを決めて、1つのホームページを作成していきます。
フリーの場合はまた話が別ですが、基本的には誰かと協力してサイトを作る事が多いと言えるでしょう。

制作会社やフリーなど、働き方多数

Webデザイナーの働き方は、制作会社に勤めるのか、それともフリーで働くのかによっても、仕事の内容に差が出ます。
例えば、制作会社の場合は、基本的に一人でサイトを作るのではなく、チーム一丸となってサイトを作る事が多いでしょう。
チームでサイトを作る際の、デザイン担当となるのが、Webデザイナーで、その他にも、ライターやシステムエンジニアなど、様々な役割の人間が集まって、1つのサイトが作られます。

フリーで働く方の中には、一から自分で全て作れるという方も多く、全ての役割を一人で担うという方も少なくありません。
反対に、フリー同士で集まって役割分担をして、それぞれがそれぞれの仕事を担うという、チーム形式で仕事をされている方も多いでしょう。

人によって様々な働き方がありますので一概には言えませんが、自分に合った働き方を選択しやすい点が、Webデザイナーの大きな特徴と言えます。

デザイン力や見やすさなど、トータル的な知識が必要

Webデザイナーとして働くためには、ただ見やすいサイト、ただオシャレなサイトを目指すだけでは不十分です。
クライアントがどの様な雰囲気のサイトを作りたいのかにあわせてデザインを変えることが出来る対応力、幅広いデザイン知識が必要となるでしょう。

また、ユーザー獲得に繫がりやすいデザインを作る事も基本となりますので、その点に関しても、知識を学んでおく必要が有ります。
Webデザインは非常に奥が深く、学校に通って勉強をしてから、制作会社に勤めて、独立して働くという流れの方も少なくありません。
その間に、色々なことを勉強しておく必要があるでしょう。