• TOP
  • 職業特集
  • 文章好きにはたまらない?ライターの魅力に迫る!

文章好きにはたまらない?ライターの魅力に迫る!

文章で物事を伝える ライターの仕事

文章を利用して、様々な事柄を読手に伝えるのが、ライターです。
世の中には、様々な文章が溢れかえっていますが、ライターはそれらの文章を紡ぎ出す、文章のエキスパートと言える存在でしょう。

文章の内容は依頼された仕事内容によって様々ですが、例えば、商品を紹介刷るような記事を始め、イベント紹介記事、ブログやエッセイに至るまで、有りとあらゆる文章があります。
クライアントが求める文章を書き、必要に応じて校正や修正を行う事で、仕事としてライターをやっている方は少なくありません。

ライターと一口に言っても、活躍できる場は色々とあります。
ライティングを専門とした企業で記事作成をする場合もあれば、フリーとして、様々な企業から仕事を貰って記事作成をする方もいるでしょう。
パソコンに文章を打ち込んで、データ入稿するということが近年は多く、パソコンとネット環境があれば、どんな場所でも働けるという、フリーの方も多くいます。

Webや書籍など、幅広い媒体で活躍

ライターが作成した文章は、クライアントによって、実に様々な媒体に活用されます。
例えば、インターネットサイトなど、Webサイト上に掲載する記事を始め、書籍やフリーペーパーなどの媒体に掲載される事もあるでしょう。
こちらはクライアントさんによって異なりますので、依頼を受けた際に、事前に確認をしておくことが大切です。
利用する媒体によって、金額が異なるケースもありますので、フリーの方の場合は特に、どれくらいの金額差があるかどうかも分かった上で依頼を受けるべきでしょう。

掲載する媒体によって、ライターは文章を変える事も求められます。
掲載する内容なども、クライアントさんの意向に合わせて変えなければいけませんので、いつも同じ口調の文章ではなく、様々な文章が求められるでしょう。
希望に合わせた文章を作ることが出来るように、高い文章能力、様々な言葉を知る必要が有るのが、ライターになります。

企業に勤めてもよし、フリーで働くもよし

ライターは、企業で勤めている人とフリーで働いている人、半分半分と言っても良いほど、実に幅広い働き方がされています。
有る程度の文章能力や技術、実績を持っているようであれば、自分の好きなように働けますので、自分の好みの働き方を選択していきましょう。

ライターによっては、企業に勤めた方が安定しているからと言う方もいれば、フリーの方が稼げるという方もいますので、一概にどっちがよいと言うことはありません。
自由に働く方法を選べる仕事ですので、ライターとして働きたい方は、自分の働きやすいような環境を選んで、働くようにしてみて下さい。