• TOP
  • 職業特集
  • 宝石を引きたてるジュエリーデザイナーの仕事を紹介

宝石を引きたてるジュエリーデザイナーの仕事を紹介

宝石を綺麗にデザインする ジュエリーデザイナー

ダイヤやルビー、サファイアなど、宝石には実に様々な種類があります。
いずれの宝石も光り輝き、それぞれの魅力を放っていますが、そんな宝石をジュエリーとして加工するために欠かせない存在が、ジュエリーデザイナーです。

宝石をアクセサリーとして身につけるために、様々なデザイン案を作成する事が仕事の、ジュエリーデザイナー。
宝石をより一層魅力的に見えるようにデザインし、宝石に合わせたデザインを考える、ジュエリーデザインに関してのプロと言えるでしょう。

ジュエリーデザイナーがデザインをするものは実に幅広く有り、指輪やネックレスなどの装飾品を始め、時計などに埋め込まれる宝石まで、宝石に関するありとあらゆる商品が対象になります。
個別で依頼をされる事も多く、依頼内容に合わせて、ジュエリーデザインを行うプロもいるでしょう。

宝石の知識、製造の知識が欠かせない

ジュエリーデザイナーとして働くためには、デザイン力はもちろんですが、宝石の知識が無いといけません。
どんな宝石があるのか、宝石に合うデザイン、形はどんな物かなど、基本的知識がないと、ジュエリーデザイナーは勤まらないでしょう。
ジュエリーにも様々な種類があり、ジュエリーの基本的な知識が無いと、デザイン案を実際に製造した際に、仕上がりに不満が出てしまう可能性があります。

また、宝石の知識だけではなく、製造に関する基本的知識も覚えておくべきでしょう。
実際に製造する際に大変ではないかどうかを始め、修理を依頼された際など、有る程度の製造の知識が無いと、元通りになるかどうかも返答しようがありません。
販売側に付く可能性があるという場合は特に、このような、トータルの知識を身につけて置かないと、仕事として行うのは難しいでしょう。

商品企画や宝石鑑定、販売まで行う事ができる

ジュエリーデザイナーの活躍できる場は、一番は、商品企画の部分が大きいと言われています。
新しいジュエリーデザインを提案し、どの様な顧客をターゲットにするのか、商品としてどの様な需要があるのかなど、自分でプレゼンを行う事も多いでしょう。

また、宝石店に勤めて宝石の販売を行うという方も居れば、宝石鑑定など、ジュエリーの知識を生かした仕事に就く方も多いでしょう。
独立開業をして、自分でジュエリーデザインをしながら、販売を行っているというデザイナーも少なくありません。

きらびやかな宝石を、より一層魅力的に、美しくデザインをするのが、ジュエリーデザイナーの仕事です。
その為に、デザインに関してだけではなく、様々な知識を身につける必用がある、宝石に関するプロと言える存在でしょう。