ユニークな社内制度を設けている企業紹介

同じ条件なら社風が大事

就職活動をしているときに十分のスキルが生かせる会社ややりがいが持てる会社に就職したいと思うでしょう。
そして一番はこの会社に入りたいと思うような、魅力的な会社との出会いを見つけたいとも思うでしょう。
特に収入や労働条件が同じであれば、社風が決め手となるでしょう。

どの会社でもほかの会社との差別化をはからなければ生き抜くことができない時代になっています。
そのため会社ならではの特徴を作り、それを魅力として集まってくれる人材を求めています。
会社の意図を理解していることにつながり、やりがいをもって仕事をしてもらうことができれば必ず生産性は高くなります。

そこで今どのような会社があるのでしょうか。
中にはとてもユニークな会社も増え、こんな会社で私も働きたいと思える会社があるのではないでしょうか。

福利厚生が充実

福利厚生とは、仕事の威力を高めるために会社が社員やその家族に向けて行っている制度のことをさします。
福利厚生が多い、魅力的なものがある会社ほど、社員にとって働きたいと思う一つの要因ではないでしょうか。
今ではユニークな福利厚生も多く、多くのメリットを感じて就職する人が増えています。

具体的には、ランチやお菓子飲み物がすべて無料で配布されている会社もあります。
毎日の生活に密着しているため、メリットが多いと感じるでしょう。
そのほかにもthankyou制度を設けている会社があります。
この会社の企業理念が、人の幸せに貢献、自己実現をキーワードにしているからこそ行っている制度です。

内容は1年に1度、休暇と2万円の支給をしてくれます。
自分の家族や恋人などと過ごす際に利用する人が多く、条件なくここまでの福利厚生を実践している会社は少ないでしょう。

そのほかにも自己啓発のために休職することを許可している会社、退社する社員に対して期間を設け再就職が可能な権利を渡す会社もあります。
退社することは会社に対して何かしらの不満を感じている可能性もあります。
それでも一度は同じ会社で共に働いた仲間を大事にするという社風が伝わってきます。

女性に優しい社内制度

今女性の社会進出がふえ、企業にとっても女性に対して配慮した制度を設けている会社があります。
具体的には、生理痛など女性ならではの体調の不良を感じたときに、休暇申請しやすくするためにエフ休暇を設けている会社もあります。
そのほかにも不妊治療のための妊活休暇の取得など、今の時代で女性が抱える問題にいち早く対策をとっている会社もあります。

また産休や育休後に復帰した女性に対して、パパママ会を行っている会社もあります。
子持ちの社員同士の交流の場を設けることで、同じ環境だからこそ分かち合うことができる悩みなどを相談することもできます。